幹事の仕事 | 忙しい私たちの強い味方、二次会の幹事代行サービス
司会は代行

幹事の仕事

昔は友だち

幹事代行というサービスが一般化するまでは、結婚式の二次会の幹事は新郎さんと新婦さん、お2人それぞれの友だちに依頼するというのが普通でした。
特別仲の良い友だち、あるいは幹事が得意でパーティー好き、そういう友だちにお願いして、楽しい会を開催してもらっていたわけです。
会社の飲み会とかサークルの飲み会とか、日本社会では若いうちからさまざまな飲み会において幹事として鍛えられ、その仕事を知っていくということがあるわけです。
とはいえ、今の若者たちは友だちを思う気持ちやお祝いをしたいという気持ちはあっても、なかなか「幹事」というしんどい仕事を任されるのはちょっと……という人が増えています。
結婚式の二次会の幹事も、なかなか引き受けてくれないし、新郎や新婦と呼ばれる立場になっても、「あの人に頼もう!」という人をなかなか見つけることが出来ないのです。
そこで登場したのが、結婚式の二次会で幹事の仕事を代行してくれる幹事代行のサービスなのです。

今は業者

幹事代行業者に依頼するというパターンが多くなった、結婚式の二次会。
その仕事とは、そもそもどういうものなのでしょうか……今まで一度も、「幹事」というものをやったことがないという人のために説明しましょう。
幹事代行のサービスとは、二次会に参加する人たちの数を把握し、会場を押さえ、当日に何をやるか、どういう会にするかという計画を練ります。
そして、それに必要なことを行うのです。
みんなが楽しくお祝いすることが出来るために必要なことは何か考えるのが、幹事の仕事なのです。